ボディピアス最強説│誰もが真似したくなるアクセサリー

装飾品

安全なピアスホールを作る

特徴とはなにか

へそピアスにはいくつか特徴と種類があります。一つ目は上タイプというものです。これは上向きに設定されており、へその上部分にキャッチがあるという構造です。これはおへその形に自信がない人でも気軽に使用できるのが特徴です。さらには下タイプというのがあります。これは上向きとは逆に下向きに設計されていて、おへその下部分にキャッチがあるものです。上タイプより通しにくいので、ホールのケアが他よりも必要になります。またチェーンが付いているものも下タイプということが多く、たくさんの人に愛用されているといえます。またリングタイプというのもあり、これはピアスがリング状になっています。しかしこれは他のへそピアスに比べて皮膚に負担がかかるため注意が必要です。

気をつけること

へそピアスは他の部分に比べて痛みが多いことがあります。個人差があるためある程度の覚悟をする必要があります。また衣服などにひっかかってしまうことがあるため、傷になってしまうことがあります。更には感染症になるリスクも耳たぶなどに比べるとへそピアスの方が断然高いため日ごろからケアをすることや意識していることが大事です。 また少しの不意におへそに強い刺激がかかってしまうと傷になってしまったり、最悪の場合おへそがちぎれることがあります。開けるときには更に注意が必要で、安全な方法は病院で開けてもらうことですが自分で開ける場合には垂直に開けることや厚さに気をつけることなどが重要になってきます。開けた後も毎日のケアが必要になります。